診療システム

診療の目標

口腔の健康を通して患者さん・保護者・介助者の方の『QOL*の向上を図る』こと、さらに、『いつでもどこでもだれでも住み慣れた地域で良質の歯科医療を受けられる』ことを目標に診療を行っています。
*QOL…生命・生活・人生の質

診療システム(診療の流れ)

当センターでは、患者さんが歯科診療に慣れるまで歯科医師と歯科衛生士による担当制をとっています。 歯科診療に慣れて、定期健診も安心して受けられるようになったら順次担当を替えていきます。そして、歯科診療に自信がつき地域の歯科医院での受診が可能になった場合は、地域の協力歯科医療機関をご紹介します。

まずは、同じ歯科医師・歯科衛生士が
担当します。
次の段階へ
患者さんが診療に慣れてきたら、
担当を替えていきます
まずは、同じ歯科医師・歯科衛生士が
担当します。
次の段階へ

患者さんが診療に慣れてきたら、
担当を替えていきます
初診
来院の動機、障害の程度、日常生活の様子などをお聞きします。 口腔内を診査し、今後の診療の進め方、方針をご説明します。
次へ
治療・予防
患者さんに合わせた診療を行います。
次へ
定期健診
口腔内診査、歯磨き状況や生活習慣の確認、専門的な清掃など、 定期的な口腔健康管理を行っていきます。
次へ
定期健診

診療の進め方

Step1. 同じスタッフで歯科診療に慣れていきましょう
はじめのうちは、同じ歯科医師・歯科衛生士が担当します。同じスタッフが担当することで、信頼関係を築きながら歯科の場面に慣れていきます。
※必要のない方は、担当を決めないでご都合を優先して診療をすすめていきます。
Step2. 他のスタッフにも慣れていきましょう
担当スタッフを替えていき、”誰に診てもらっても大丈夫”という自信をつけていきます。
Step3. 地域の歯科診療機関を受診してみましょう
地域での受診が可能と思われる方に対して、患者さんやご家族の状況に合わせた歯科医療機関をご紹介します。

地域の協力歯科医療機関との連携

スペシャルニーズのある方が安心して住み慣れた地域で受診できるよう、地域の歯科医療機関と連携を図っています。

・地域の歯科医院で治療が難しい
・治療だけセンターで診てほしい
・全身麻酔で歯を抜いてほしい等
さまざまなケースに対し
センターへの受診が可能です。 その際は紹介状をご持参ください。
地域へ紹介、またはセンターに紹介
地域への受診が可能と思われる方に対して、患者さんやご家族の状況に合わせた歯科医療機関をご紹介します。 地域からの紹介で来院した場合、診療ができるようになれば再びかかりつけ歯科に戻ることができます。

・地域の歯科医院で治療が難しい
・治療だけセンターで診てほしい
・全身麻酔で歯を抜いてほしい等
さまざまなケースに対し
センターへの受診が可能です。 その際は紹介状をご持参ください。
地域へ紹介、またはセンターに紹介

地域への受診が可能と思われる方に対して、
患者さんやご家族の状況に合わせた
歯科医療機関をご紹介します。
地域からの紹介で来院した場合、診療が
できるようになれば再びかかりつけ歯科医院に
戻ることができます。

主な連携先
かかりつけ歯科医の画像
かかりつけ歯科
・センターの研修を修了した先生
・医療連携に賛同してくださった先生
・地区の口腔保健センター

地域の協力歯科医療機関についてはこちら
クリックするとページのトップへもどります
Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Center for Oral Health of Persons with Disabilities.All Rights Reserved.