ホーム

機能療法(摂食と言語)

口腔に関する専門的な医療サービスの充実を目指して、機能療法(摂食、言語)も行っています。

摂食嚥下機能療法

摂食嚥下機能療法の写真

摂食嚥下機能療法

「食事中にむせてしまう」、「飲み込みが遅い」、「噛まずに飲み込んでしまう」等、食べることや飲み込むことに困っている方に対して、摂食嚥下機能療法外来では、多職種が協力して患者さんをサポートします。お気軽にご相談ください。

  • 食べる機能、飲み込む機能のどこに問題があるかを診査した上で適切な食形態、姿勢、介助方法等の指導を行います。
  • 必要に応じて嚥下内視鏡検査(VE)を行い診断します。
外来日 月曜日、水曜日、金曜日
スタッフ 歯科医師、歯科衛生士、栄養士

詳しい資料をみる

言語聴覚療法

言語訓練の写真

言語訓練

ことばの発達や発音、コミュニケーションなどに問題がある方に対し、言語聴覚士(Speech-Language- Hearing Therapist:ST)が個別訓練を行います。それぞれの患者さんに合った内容・頻度・期間のリハビリテーション計画を立て、機能の獲得や改善を図るとともに、自分らしい生活を構築できるよう支援します。

対象疾患:ことばの発達の遅れ、発音の誤り、コミュニケーション障害

当センターの言語聴覚療法のシステムは、治療や予防など歯科にて通院いただける方を対象としています。そのため、言語聴覚療法のみでの通院はお受けしておりませんのでご了承ください。
また、指導内容・指導方針の違いによる患者さんの混乱を避けるため、他所の言語聴覚療法との併用はご遠慮いただいております。
当センターにおけるリハビリ適応の有無や開始時期、内容、頻度、訓練期間の目安などにつきましては、STが検査・評価を行ったうえで、それぞれの患者さんのことばとコミュニケーションの状況に合わせてご提案させていただきます。
その他、対象者やリハビリの内容について、詳しくは下記の資料をご覧ください。

外来日 月曜日~金曜日
スタッフ 言語聴覚士

詳しい資料をみる

ページのトップへ
Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Center for Oral Health of Persons with Disabilities.All Rights Reserved.