機能療法(摂食と言語)

口腔に関する専門的な医療サービスの充実を目指して、機能療法(摂食、言語)も行っています。

摂食嚥下機能療法

摂食嚥下機能療法の写真
摂食嚥下機能療法
嚥下造影検査の写真
VF
「食事中にむせてしまう」、「飲み込みが遅い」、「噛まずに飲み込んでしまう」等、食べることや飲み込むことに困っている方に対して、摂食嚥下機能療法外来では、多職種が協力して患者さんをサポートします。お気軽にご相談ください。
  • 食べる機能、飲み込む機能のどこに問題があるかを診査した上で適切な食形態、姿勢、介助方法等の指導を行います。
  • 必要に応じてX線透視装置による嚥下造影検査(VF)や嚥下内視鏡検査(VE)を行い診断します。
外来日 月曜日、水曜日、金曜日
スタッフ 歯科医師、歯科衛生士、栄養士
詳しい資料をみる

言語聴覚療法

言語訓練の写真
言語訓練
言語聴覚士の写真
言語聴覚士
病気や事故、発達上の問題により、ことばやコミュニケーションに問題がある方に対して、言語聴覚士(Speech Therapist、略してST)が患者さんの状況にあわせて個別訓練を行い、機能の獲得や改善を図り、より良い生活が送れるよう支援します。 訓練の適応や開始時期、頻度、訓練期間の目安等については、STが検査やことばとコミュニケーションの状況に基づき、総合的にアドバイスします。
外来日 月曜日~金曜日
スタッフ 言語聴覚士
詳しい資料をみる
クリックするとページのトップへもどります
Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Center for Oral Health of Persons with Disabilities.All Rights Reserved.